とっさの一言の選択で変わる、円滑な人間関係のための第一歩

悩む女性

「~でいい」、「~がいい」どっちが心地よいですか?

 

 心の仕組みを学んだ時に、「言葉は特に、助詞に気をつけましょう」と学びました。

 

その気がなくても、知らず知らずに使ってミスコミュニケーションに繋がる助詞の代表は「~で」です。

 

例えば…。

①「夕飯何がいい〜?」

 

「カレーいいよ」

 

②「夕飯何がいい〜?」

 

「カレーいいな〜」

 

いかがでしょうか。

この感じ…。
 
「カレーで、いいよ」って、なんだか「おざなり」な感じを感じませんか?

カレーってそんな簡単に作れるものじゃないんですけど??というイラッとした感じを呼び起こしてしまいかねません。

たった1文字なのに、こんなに感じ方やニュアンスが変わるんですよねぇ。


助詞には本人も気付かないような「本音」が含まれてしまいます。

「カレーがいいな」って言われたら「本当にカレーが食べたい」という気持ち(本音)が伝わって、楽しく作れそうです。


言葉の力って、すごいですよね。
 

 

しょんぼりする犬


わたしも友人宅に伺ったときに「何の飲む?お茶と、コーヒーと、紅茶あるよ」って聞かれて「あぁ…お茶でいいよ、お構いなく!」なんて、言っていたことを思い出しました。

心の仕組みを学んでからは、素直に「お茶がいいな~!手伝うよ」って言っています

こういう時の一言って、咄嗟に出てしまうんですよね。


咄嗟に…ってことが多いので、日々わたしも意識して言葉を話すようにしています。

知ることによって、日々、気付けるようになるんですよね。

たった一言で変わるのなら、少し意識して、心地好いニュアンスを届けたいものです。

 

 

音符と空