第2回 心理セラピー公開セッションin郡山

福島名産品まとめ

「病院に行くほどではないけれど…なんか。心が不調」というとき、身近にある「心のメンテナンス」の1つとして、心理セラピーという方法があります。

 4月18 日(土)第2回心理セラピー公開セッションin郡山を開催させて頂きます。

 

私は現在、心理セラピーを通して援助職をはじめとした働く女性のお悩みを解消するお手伝いをさせていただいております。

今回、心を整える方法のひとつとして心理セラピーというものがあることを、必要とする方に知っていただきたく、実際に体験できる場をご提供させて頂きます。

 

心の不調を感じた時、必要だと思った時に、ご自分にあったものをお選びいただけますように。

ぜひ、この機会に「心理セラピー」をご体感ください。

 

心理セラピーって、なんだべ?

「まぁ、カウンセリングと同じようなもんだべ…多分」

「パワー的なものを送られて、元気になったりするんでねか」

「そもそも、病気じゃない私は受けていいんだべか??」

「生きづらいって悩むのはおかしいのかな…そんなことでって、笑われたらやんだな…」

 

実はこれらは、私が心理セラピーを受ける前に抱いていた疑問と不安です。

 

「叱られたら、どうしよう」

「笑われたら、どうしよう」

「でも、今のまま苦しいのは嫌だな」と、思っていました。

 

Berry's Color 心理臨床家・心理セラピスト 庄司真弓さんの行うリファインド心理セラピーを受けて、心理セラピーに対する疑問や不安は私の誤解だったことを知ります。

心理セラピーを医療行為やカウンセリングと勘違いしている方も多いかもしれません。

心理セラピーは、医療行為ではありませんし、聴いてもらう事で癒しを得ようとするものでもないのです。

ダメなところを探して、取り除いたりすることも致しません。

「病院に行くほどではないけれど…なんか。心が不調」というとき、身近にある「心のメンテナンス」の1つとして、心理セラピーという方法があります。

絡まっていた気持ちが少しずつほどけていく感じ。

自分の足で「しっかり立ってる」感じ。

とにかく「うれしい~」って感じヾ(o´∀`o)ノ

心理セラピーはいくら言葉を尽くしても、伝えきれない、繊細で感覚的なもの。

この「感じ」を気軽に体験できるのが、この心理セラピー公開セッションの魅力のひとつでもあります。

感じたことが全てです。感じ方に正解・不正解はありません。

まさに、「百聞は一見に如かず」です。

郡山駅前の様子

福島県郡山市で開催する理由

近年も、自然災害による被害で大きな哀しみを負った大切なふるさと郡山市。建物のみならず、被災者の心には大きな爪痕が残ったままです。

東日本大震災から毎日、見聞きした「がんばっぺ」のスローガン。

「がんばっぺ東北」

「がんばっぺ郡山」

「震災なんかに負けね」

「みなして、力合わせて復興するべ」

哀しみを抱えながらも言葉通り、頑張っている方々が郡山市にも多く見受けられます。

道路や、家、学校、郡山駅前、少しずつ整っていくふるさとを見ると嬉しい反面、心だけは置いてけぼりにされているような、そんな気持ちが私にはありました。

 

東日本大震災があった2011年3月、私は20歳になったばかりでした。あれから9年。大好きなふるさとの為になることがしたいと、強く想っております。郡山市を離れて、改めてふるさとの大好きな所を多く知ったからです。

豊かな自然と、美しい音楽にあふれる楽都郡山市。開拓者精神が成し遂げた奇跡のまち「安積野の地」郡山の「命の水」猪苗代湖。

人と人とのつながりが深くあたたかい、大好きな郡山市で、心理セラピーを必要としている方に心理セラピーをお届けし、笑顔の輪を広げていきたいと思っております。

まず、自分が心から笑顔になることが、目の前の大切な人のしあわせに繋がると信じているからです。

 

昨年、「第1回心理セラピー公開セッション」を行わせて頂いた10月も、大きな災害の影響で郡山市は再び、哀しみに包まれてしまいました。

心理セラピストとして何ができるのか…。この時期に郡山市で開催する意味は…。様々な葛藤がある中、開催を決意した第1回目の心理セラピー公開セッション。少しでも「ここに来てよかった」、「心が楽になった」と笑顔をお持ち帰り頂き、あたたかい笑顔のお土産が、参加者様の身近なコミュニティに広がり、繋がりますようにと強く想い、開催致しました。

 

心理セラピー公開セッションの開催は今回で、2回目となります。

今回も、「がんばっぺ」に疲れた郡山市の方々に、心の復興に繋がるきっかけをご提供させて頂き、自分らしく楽しく笑顔で生きていくためのお手伝いを少しでもさせて頂ければ幸いです。

ぜひ、この機会にご自分の眼で視て、耳で聴いて、全身で「心理セラピー」をご体感ください。

  当日はご参加くださった皆様の中から、心理セラピーセッションを受けてみたい方を募ります。

「せっかくだから、この機会に心理セラピーを受けてみようかなぁ」

「ギャラリーとして心理セラピーを見てみたいな」などなど、お申込みの理由は様々です。

 公開セッションでは、心理セラピーを受けている方はもとより、参加された方全員が、自分も心理セラピーを受けたかのような感覚を感じることが出来ます。少しだけ気になった方も、あやしいなと思われている方も、たまたま読まれた方も、どうぞそのままでお越しください。

 

終了後は、懇親会も開催させて頂きます。

ご縁させていただいたおひとり、おひとりの方々と楽しい時間を一緒に過ごしましょう。

ご自分の大切な方々へ、ほっこり笑顔をお土産に。

 

どなた様におかれましても、会場でお逢い出来ますことを心待ちにしております。

Be side U代表 心理セラピスト 齊藤 由佳

公開セッション開催概要

主催:Be side U

日時:2020年4月18日(土)10:00~16:30(予定)

場所:セルフミーティングルーム郡山駅東口

参加費: 3000円(当日ご持参ください)

定員:限定 20名さま

下記に必要事項をご記入の上、お申込み頂ければ幸いです。